こだわりの地酒・本格焼酎 ― 酒のかどや > 越後村上のご案内−村上大祭

越後村上のご案内−村上大祭

江戸時代の初期、寛永10年(1633年)に藩主堀直竒侯が今の地に西奈弥羽黒神社社殿を造営し、臥牛山の中腹から御遷宮した時に遷宮祭を行ったのが村上大祭の始まりとされています。
県下三大祭りの一つにも数えられるこの祭りは、先太鼓を始め庄内町の笠鉾・14騎の荒馬を先導に神旗・御神輿3基そして各町内の山車(おしゃぎり)19台で成っています。

おしゃぎり おしゃぎり
おしゃぎり おしゃぎり
各町内で彫刻・法被などが違い、各町内独自のおしゃぎりが見られます。彫刻や村上伝統の堆朱・堆黒を施した豪華絢爛なオシャギリとなっており、中には二百年以上前のものもあります。
おしゃぎり おしゃぎり

大祭に引き出される屋台は、三つに分けられます。

シャギリ屋台 彫刻と漆・金箔が施され、とても豪華な屋台です。子供たちが乗り、鐘と太鼓を打ち鳴らします。
囃し屋台 オシャギリに比べ簡素な造りで、彫刻はあるが白木造りが多いのが特徴です。
鐘と太鼓を受け持つ裃(かみしも)姿の子供が彩りを添え、笛と三味線で優雅な調を奏でます。
にわか屋台 彫刻や漆塗りがなく、車輪も一回り小さいのが特徴です。太鼓と笛で威勢良く囃します。

↑ トップに戻る